草彅裕写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真集「SNOW」出版

SNOW (27)

初の写真集を出版いたします!

『SNOW』
著者:草彅裕
デザイン:中島英樹
定価:本体3200円+税
ISBN 978-4-902943-98-6
A4判 / ソフトカバー (ケース入り)96ページ/モノクロ
2016年2月中旬発売

http://www.foiltokyo.com/book/art/snow.html

故郷秋田の雪夜を7年間に渡り撮り続け、1冊にまとめました。
デザイン&アートディレクションには中島英樹さん、そして帯には
谷川俊太郎さんの詩を頂戴し、最高の方々のお力をお借りすることができました!
なので自分で言ってしまいますが、想像を超えた素晴らしい仕上がりになっております。
ぜひ、お手にとってご覧ください!!
スポンサーサイト
  1. 2016/02/06(土) 18:30:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「M LE MAGAZINE 」掲載

M (3)

M (4)


KYOTOGRAPHIに出品した作品を、フランスの新聞社「ル・モンド」発行の雑誌、「M LE MAGAZINE 」に掲載して頂きました。
※もうひとつの写真は現在活躍中の写真家、木村肇さんの作品。ご本人に許可を得て投稿しております。
  1. 2014/05/12(月) 08:41:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「KYOTOGRAPHIE」

先日、京都で開催中の国際写真フェスティバル、「KYOTOGRAPHIE」の内覧会とオープニング
パーティーに参加してまいりました。このような大規模な国際展のオープニングに参加するのは
初めてでしたが、幸運にも大変貴重な出会いに恵まれました。

内覧会で「KYOTOGRAPHIE」全体を見て周わりましたが、日本の歴史そのものが息づく京都で、
最先端の写真表現が展開され、正に唯一無二の「写真の祭典」だと感じました。機会がござい
ましたら、ぜひご覧になって頂きたいです。

◆KYOTOGRAPHIE2014【全14会場 9カ国のアーティスト達による23日間の展覧会】

http://www.kyotographie.jp/

◆「ネイチャー・イン・トーキョー」M «Le magazine du Monde»

URL
http://www.kyotographie.jp/artists/175.html

フランスの雑誌『M/ル・モンド』が日本の現代写真家13名を選び、東京の自然を撮り下した企画
『ネイチャー・イン・トーキョー』の出版と連動して展示される。参加アーティストは川内 倫子、
草彅 裕、木村 肇、伊丹 豪、森山 大道、ホンマ タカシ、高木 康行、石川 直樹、荒木経惟、
志賀 理江子、田附 勝、川島 小鳥、喜多村 みか。

会場:有斐齋 弘道館
開催期間:2014年4月19日(土)~5月9日(金)
開館時間:10:00-17:00 休館日水曜日
入場料一般 :¥500/大学・中高生 ¥300

KYOTO2-2.jpg

KYOTO1-2.jpg
  1. 2014/04/22(火) 09:44:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ペンタックスリコーフォトコンテスト受賞」

kunimasu.jpg
                                                                     「国鱒との対話」※3枚組より


「ペンタックスリコーフォトコンテスト」にて6500点を超える応募作品の中から、
今年撮影した国鱒(標本)の写真が準特選を受賞致しました。ブログ未公開の
写真を含む3枚組の作品です。

他61点の入選、入賞作品と共に本日よりペンタックスフォーラムで展示され、
大阪、名古屋へと巡回致します。

宜しければ是非ご高覧下さい。

※詳細
http://www.pentax.jp/forum/2012/12/20121219.html
  1. 2012/12/19(水) 19:27:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めくるめく写真の宇宙2

2334.jpg

2335.jpg

※【開催にあたり】一部抜粋

 草裕さんの「田沢湖・玉川流域物語」は、 彼が住む角館を流れる玉川流域が舞台。玉川上流には玉川
温泉があり、強酸性水で毒水とよばれていた。 1940年、水力発電所の建設と農業振興のために玉川の水を
田沢湖に導入した。 その結果、田沢湖は急速に酸性化して魚類は死滅し、固有種のクニマスも絶滅した。
しかし1972年からアルカリ性の石灰水による中和対策が始まり、田沢湖や玉川流域に魚が再生しつつある。
人間が自然を破壊し、人間が自然を再生するドキュメント。 これを美しい自然写真で表現している。

                     東北芸術工科大学大学院教授・東北文化研究センター研究員 内藤正敏

 直接写真の細部までじっくりと見ていただきたいです。会場入り口には内藤正敏教授の「コアセルベーション・
地球生命の発生」、出口には「出羽三山」、他にも力作ぞろい。1月26日まで。是非ご高覧下さい。

http://www.tuad.ac.jp/newsevents/headline/newpage_20111226_142334/
  1. 2012/01/21(土) 21:59:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めくるめく写真の宇宙

2328.jpg

 参加いたします。私は昨年の「ふたり展」にて展示した、玉川毒水をテーマにした写真に
新作を加えた13点を、B1サイズ(72.8 × 103 センチ)以上の大判プリントにて展示して
頂く予定です。

 是非ご高覧下さい。


平成23年度文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業
「東北地方における環境・生業・技術に関する歴史動態的総合研究」

東北発見!写真展 めくるめく写真の宇宙

日 時:平成24年1月12日(木)~1月26日(木)
    9:00-17:00(土曜日16時閉館、日曜休館)
会 場:東北芸術工科大学本館7階ギャラリー(入場無料)
主 催:東北芸術工科大学東北文化研究センター
問合先:東北文化研究センター(Tel:023-627-2168)
http://www.tuad.ac.jp/newsevents/headline/newpage_20111226_142334/


■ギャラリートーク■
日時:平成24年1月17日(火)18:00-19:00
場所:本館7Fギャラリー
講師:内藤正敏
参加:無料

  1. 2012/01/06(金) 13:10:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展覧会告知2

2124.jpg

秋田市のナガハマコーヒー店内にある「Gallery Bianco」にて個展を開催いたします。
昨年のキヤノン主催「写真新世紀」にて佳作(蜷川実花選)を受賞した作品を,新作も含め
10点展示いたします。是非ご高覧ください。

草裕 写真展「SNOW」
2011/11/28~12/27 入場無料
開館時間 9:00~20:00(最終日は17:00まで)
ナガハマコーヒー御野場店 「Gallery Bianco」
〒014-0359 秋田県秋田市仁井田本町5丁目8-28
Tel:018-853-0711 Web:http://www.ncafe.co.jp/
  1. 2011/11/24(木) 22:25:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ふたり展終了」

2091.jpg

2093.jpg

2089.jpg

2092.jpg

本日でふたり展が終了いたしました。
たくさんの方々にご来場いただき、様々なご意見、ご感想を
お伺いできました。まことにありがとうございます。

これまでで最も得るものが多い展示になったと思います。
今後も精進していく所存ですので、何卒よろしくお願いいたします。
  1. 2011/10/10(月) 22:21:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ふたり展」

現在開催中の「ふたり展」を、写真家の齋藤大悟さんにホームページ内で紹介していただきました。
http://sd5-photolife.de-blog.jp/
また10/5の朝日新聞、10/8の魁新聞にも紹介の記事を掲載していただきました。
その他様々な形で紹介、宣伝していただいた方々に感謝いたします。
本日は14:00よりギャラリートークを行いますので、是非ご高覧下さい。

「ふたり展」
http://pukapu.hitomi-k.com/contents/?p=518
  1. 2011/10/09(日) 03:46:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展覧会告知

DM表

地元角館町の写真ギャラリー「ぷかぷ館」にて展覧会を開催いたします。
同じ角館町出身の日本画家である山田美知男さんとの二人展です。
私は玉川毒水の中和をテーマに、ブログ未発表作品を含む写真20点を展示
する予定です。是非ご高覧ください。

日時:2011/10/1~10/10 入場無料
開館時間10:00~17:00 土日、祝日は両作家が在廊します。
ギャラリートーク 10/9 14:00~14:30

場所:ギャラリー&カフェ ぷかぷ館
〒014-0359 秋田県仙北市角館町北野78
http://www.hitomi-k.com/pukapu/

※展示作品は販売致します。また、売上げの一部を被災地に寄付致します。
  1. 2011/09/22(木) 01:49:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作品掲載2

 日本の写真家を紹介する海外のサイト「Japan Exposures」の
「COVER PHOTO」と「GALLERY」に作品を掲載して頂きました。

 昨年の「写真新世紀」に出品した最新作の一部です。
ぜひご覧ください。

「COVER PHOTO」
http://www.japanexposures.com/
「GALLERY」
http://www.japanexposures.com/2011/01/24/yu-kusanagi-gallery/
  1. 2011/01/25(火) 21:45:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作品掲載

 本日発売の「日本カメラ1月号」の口絵に、作品を5ページ掲載して
頂きました。

 お近くの書店にて是非ご高覧下さい。

http://www.nippon-camera.com/monthly.php
  1. 2010/12/19(日) 18:05:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

公開審査

831.jpg

 11月19日、写真新世紀のグランプリ公開審査が行われました。

 審査の中で、「やはり賞は通過点に過ぎない」ということを改めて強く感じました。

  審査員は作品の「完成度」ではなく、「今後の可能性」を重視して審査していたと思います。
作品というよりもむしろ、これから先写真会を盛り上げ、活性化させられるような「人間」を求めて
いる、そんな印象を受けました。出品者25名は皆一様に今後の「可能性」を強く評価されたからこ
そ、今回の写真新世紀に参加している。そういった意味ではグランプリ、優秀賞、佳作にもそれほ
どの差はないと思います。

 そして新世紀で多くの方々から作品に関心を持っていただき、また同世代の写真家とも接する
ことで、「自分は秋田でやっていく」という決意を固めることが出来ました。

 ここから先。

 自分の足元に一本の線が引かれたような気がします。その先へ一歩一歩、時間をかけて進んで
行きたいです。

 

 
  1. 2010/11/24(水) 22:04:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発行物告知

まんだら表紙2

 

 東北芸術工科大学東北文化研究センター季刊誌「まんだら」45号の、表紙の写真を担当させて頂きました。

 また、同季刊誌「季刊東北学」第25号の巻頭に作品6ページ掲載。内藤正敏教授に作品解説をいただいております。

 お近くの書店にて是非ご覧ください。

 ・まんだら
 ・季刊東北学
  1. 2010/11/10(水) 00:39:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真新世紀東京展2010

 今月6日より東京都写真美術館で開催される「写真新世紀東京展2010」に、
佳作受賞者として参加します。是非ご高覧ください。

http://syabi.com/contents/exhibition/index-330.html
  1. 2010/11/01(月) 23:53:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。